2017年03月10日

通常のダウ理論では遅すぎる

今回は通常のダウ理論では遅すぎるというテーマでお話したいと思います

全てのトレンドはダウ理論の定義によってチャート形成されていると言っても

過言ではないくらい相場の世界では広く知られています

一般的なダウ理論の定義としては高値安値の継続した切り上げや切り下げで

トレンドの継続を確認するものでありその継続が終り目線が変わったことで

そのトレンドの転換を知るといったものとなっているかと思います

次の画像をご覧ください

ososugiru.png

この画像は上昇トレンドでの一場面を図にしたものですが緑の丸印のポイントを

ブレイクするまでの間はこのトレンドが継続されるかどうかは愚か今後どう動く

のかさえも分からないと思います

もし2個目の黄色い丸印を更に下げていくことになればその間の値幅は間違いなく

損失となることでしょう

いってみれば時間足が大きくなればなるほどその間は静観しているしかないと

いうことになり通常のダウ理論では判断が遅くなるという盲点があるのです

そこでご紹介するテクニカル総合研究所の最新基本ロジックを使えば画像の

黄色い丸印のポイントの様に全ての反転場所が小学生でも理解できるくらい

簡単な方法で知る事ができてしまいます

上がる時、下がる時が簡単に分かるだけでなく立てたポジションの継続確認も

簡単に分かるのでいわゆるチキン利食いの防止にも役立ちます

このロジックはFXを覚えたての初心者の方でも購入後スグに直感的にお使い

頂けますし世界的に有名なロジックを基本として使用しているので上級者の

方でも十分にお使い頂けるものとなっております

更にこのロジックはどの通貨ペア、どの時間足でも同じ要領でお使い頂けて

誰がやっても同じ判定にしかならないほど明確なので迷いがありません

トレンドの上がる時、下がる時、継続確認さえ分かれば相場の世界では

間違いなく利益を上げることができます

言い換えればこのロジックは相場で勝つ為には絶対に必要なものとも

言えるのではないでしょうか

百聞は一見に如かず、まだ貴方はただのダウ理論で戦いますか?

このロジックはこちらで手に入ります

興味のある方はバナークリックで詳細をご確認ください


最新ロジック  簡単強力 ラインライントレード

初回50本のみ割引価格の7,000円






posted by テクニカル総合研究所 at 10:16| 日記 | 更新情報をチェックする