2017年06月25日

全ては大局の為に動く

20170625dy.png


今回は全ては大局の為に動くというお話をします

昔から時は金なりといいますが時計の針を例にすると分を示す小さい針は

60分経ちますと大きな針は次の時間を指しますね

それと同じ様に小さい時間足がどんなに上下しようが結果的にそれは大局の

為に動いているのであるということであり最終的には大きな時間足が次の価格を

指示します

そういう意味でも大きな時間足は勝ちやすいという定説も頷けます

全ては大局である大きな時間足の為に動いているということになります

言い換えればエリオット波動がフラクタル構造であるならば内包される

短い時間足の様に直ぐにトレンドが変化することはないので大きな時間足を

基準にスキャルピングをすればよいとも言えますね

スキャルピングで使う様な短い時間足はどうしても近眼になり易く損切りも

近眼目線になるので多くなります

当研究所がお勧めするトレードは大きな時間足でのトレンドフォローを

しつつ短い時間足で利食いのタイミングを取ることを推奨します

お勧めは30分足でのレジサポラインのブレイクアウト及びトレンドフォロー

からの15分足での利食いでも十分に勝てます

この場合は最終的にはスイングになりますがスキャルピングでトレードしたい

場合は利食いのタイミングは5分足でもいいですがある程度利が乗ってから

でないとチキン利食いになりますので上手く調整してみて下さい

参考トレードとして今回は15日に発生したレジスタンスラインのブレイク

アウトからの天井圏利食いで約100pips獲得でした

小局の積み重ねが大局を作るという考え方でも間違いではありませんが

時が逆転することはなく結果的には大局が全てだと言えるのではないでしょうか

是非お試し下さい



これらのトレードを実現する方法を解説したものがこちら


不動のプライスアクション

レジサポラインだけではない有効なポイントを知る方法


fudoujpg100.jpg


簡単強力 ライントレード

トレンドの発生サインから継続確認、更にはトレンドの終了のサインまでを簡単に知る事ができる方法

kanzenkaimei.png


これらのロジックはこちらからお買い求め頂けます





posted by テクニカル総合研究所 at 09:13| 日記 | 更新情報をチェックする