2017年07月15日

相場のエネルギーを知る


20170715dy.png


今回は相場のエネルギーを知る方法をご紹介します

当テクニカル総合研究所が発見&開発したトレンドの上げ下げの転換と

継続確認を簡単に知る事ができる ” MD理論 ” を記述した最新作の

『 簡単強力ライントレード 』では的確な逆張りのタイミングを知る

ことが可能なのですがポジションを保持したトレンドの継続確認中は

大きな時間足などでエントリーしている場合などでは長めの足を形成

してしまい押し戻した時などは決済すべきかどうか不安になることも

多々ありますよね

そんな時に活躍するのがMT4に標準で搭載されているアクセラレーター

オシレーターという指標が役に立ちます

この指標はビルウィリアムス博士という方が開発した指標で市場の

エネルギーを知るには最適な指標なのでお薦めです

MD理論での継続確認&反転のタイミング検知とこのオシレーターを

併用することでより正確なトレードが可能となります

特に押し目や戻しポイントでの切り捨ての判断で効果を発揮します

この指標をフィルターとすることで不安は解消されるでしょう

アクセラレーター・オシレーターはMT4のナビゲーター内にビル

ウィリアムスという項目があるのですぐに分かると思います

ユーザーの方は是非お試し下さい

因みにMD理論とは相場の最強理論であるダウ理論を◯◯化した

ロジックでマ◯◯◯ダウ理論という意味です

極めて簡単なロジックなのでご購入して頂ければすぐにご納得して

頂けるのではないかと思います




簡単強力 ライントレード

トレンドの発生サインから継続確認、更にはトレンドの終了のサインまでを簡単に知る事ができる方法

kanzenkaimei.png


これらのロジックはこちらからお買い求め頂けます






posted by テクニカル総合研究所 at 11:10| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

全ては大局の為に動く

20170625dy.png


今回は全ては大局の為に動くというお話をします

昔から時は金なりといいますが時計の針を例にすると分を示す小さい針は

60分経ちますと大きな針は次の時間を指しますね

それと同じ様に小さい時間足がどんなに上下しようが結果的にそれは大局の

為に動いているのであるということであり最終的には大きな時間足が次の価格を

指示します

そういう意味でも大きな時間足は勝ちやすいという定説も頷けます

全ては大局である大きな時間足の為に動いているということになります

言い換えればエリオット波動がフラクタル構造であるならば内包される

短い時間足の様に直ぐにトレンドが変化することはないので大きな時間足を

基準にスキャルピングをすればよいとも言えますね

スキャルピングで使う様な短い時間足はどうしても近眼になり易く損切りも

近眼目線になるので多くなります

当研究所がお勧めするトレードは大きな時間足でのトレンドフォローを

しつつ短い時間足で利食いのタイミングを取ることを推奨します

お勧めは30分足でのレジサポラインのブレイクアウト及びトレンドフォロー

からの15分足での利食いでも十分に勝てます

この場合は最終的にはスイングになりますがスキャルピングでトレードしたい

場合は利食いのタイミングは5分足でもいいですがある程度利が乗ってから

でないとチキン利食いになりますので上手く調整してみて下さい

参考トレードとして今回は15日に発生したレジスタンスラインのブレイク

アウトからの天井圏利食いで約100pips獲得でした

小局の積み重ねが大局を作るという考え方でも間違いではありませんが

時が逆転することはなく結果的には大局が全てだと言えるのではないでしょうか

是非お試し下さい



これらのトレードを実現する方法を解説したものがこちら


不動のプライスアクション

レジサポラインだけではない有効なポイントを知る方法


fudoujpg100.jpg


簡単強力 ライントレード

トレンドの発生サインから継続確認、更にはトレンドの終了のサインまでを簡単に知る事ができる方法

kanzenkaimei.png


これらのロジックはこちらからお買い求め頂けます





posted by テクニカル総合研究所 at 09:13| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

二つのロジックで勝つ

今回は不動のプライスアクションと簡単強力ライントレードを

使ったお勧めトレード方法をご紹介致します

既に両ロジックをお持ちの方にもトレードイメージとして見て

頂ければと思います

不動のプライスアクションのお勧めポイントで最新ロジックの

トレンド発生と収束、継続のサインを使ってトレードして頂く

感じのものとなります

今まで最新ロジックであるこのトレンド発生と収束、継続の方法の

正式名がありませんでしたので今回から改めてこのロジックのことを

『 MD理論 』と呼ぶことに致しました

Mは勘の良い方には直ぐに分かってしまうので言えませんがDはダウのDです

ですので◯◯◯◯ダウ理論ということになりますが略してMD理論とします

それでは今回はエントリーから利食いまでの流れを図にしてみましたので

参考にしてみて下さい

トレードのイメージとしてはこの様な感じになります

MD理論に照らし合わせて不動のプライスアクションでご紹介している

お勧めポイントで効率よくお稼ぎ頂けたらと思います

先ずは不動のプライスアクションにあるおすすめポイントに照らし合わせて

狙うポイントを決めます

次に手前でトレンドの発生のサインを知りつつラインブレイクを待ちます

setu1.png

次にそのトレンドがラインブレイク後も継続されていることと

目標のポイントをブレイクアウトした時点でMD理論に照らし合わせて

完全に継続サインが抜けているのを確認したらエントリーとなります

setu2.png

エントリー後はトレンドの継続を確認してポジションを保持しつつ

次の目標ポイントに到達したら利食いとなります

もしその手前でトレンドの終了サインが出てしまったらその時点で

エグジットとなります

あくまでもお好みですが次の目標ポイントを更にブレイクしても

トレンドの継続がされるようならばそのまま更に次の目標ポイントまで

利を伸ばすことも可能です

setu3.png

以上が不動のプライスアクションと簡単強力ライントレードを使った

お勧めトレード方法でした

この二つのロジックを組み合わせることで当研究所はより効率よく

利益を出せていますので是非皆さんにもお勧めしたいと思います


不動のプライスアクション

fudoujpg100.jpg


簡単強力 ライントレード

kanzenkaimei.png


これらのロジックはこちらからお買い求め頂けます





posted by テクニカル総合研究所 at 20:23| 日記 | 更新情報をチェックする