2018年01月17日

いつでも完璧に機能するロジックは存在する

遅くなりましたが明けましておめでとうございます

久しぶりの活動で新年一発目のブログ更新となります

今年も幸運の蜘蛛の糸の切れることのないよう幸運のおすそ分けとして

当研究所が発見&開発したマイクロダウ理論の布教活動をしていきたいと思います

今回はまだ当ロジックをお持ちでない方に知って頂く為にマイクロダウ理論の

基本的な説明を公開できるギリギリまでお教えしたいと思います

これを読んでお使いになってみたいと思った方はこの記事の最後に入手先を

お知らせしていますのでご利用ください

まず相場の手法の存在に対して否定的な意見をおっしゃる方がいらっしゃいますが

FXにしても株式や先物にしましてもチャートを使う相場の全てには間違いなく

完璧に機能する運動メカニズムが120%存在することを宣言致します

またこの運動メカニズムはどの相場でも全く同じに機能します

しかもアレがこうなると上がり、アレがこうなると下がるといった小学生でも

簡単に理解できるくらい単純なロジックなのです

これはダウ理論が生まれた100年以上前まで遡ったとしても、またこの先

何年経っても全く不変のメカニズムでもあります

難しい計算やインジケーター設定など全く不要で今お使いのチャートシステムの

ままで使用でき誰が行っても全く同じ判定になるので迷いがありません

しかもどの通貨ペア、どの銘柄、どの時間足でも全く同じロジックでお使い頂けます

相場で利益をあげるには上がる時、下がる時、更には立てたポジションの継続確認が

できることが必須でしょう

当研究所が発見&開発したこのマイクロダウ理論を使えば先に述べた判定は簡単に

可能となります

普段お使いのチャートシステムをただ見るだけで簡単にそれが行えます

1例として本日、午前中のドル円5分足でのマイクロダウ理論の判定模様を

画像として載せておきます

黄色の丸の部分のみで完璧にサインが出ており上下運動を完全に言い当ています

20180117dy5m.png

以上の様に相場には普遍のメカニズムが完璧に存在しており相場における

聖杯などと言われる手法は愚か半永久的に機能するロジックなど絶対にないという

意見を言われる方々を当研究所は逆に否定したいと思います

ただし、当研究所が推奨するマイクロダウ理論で上がる時や下がる時が分かっても

100%勝てるものでもありません

短い時間足などではエリオット波動でいうところの修正波のサインが出たからと

エントリーしたとしても発生したトレンドが小さくスプレッド負けする場合も

ないとは言えません

この場合は推進波でエントリーするのが正解となりますが存在する手法を否定する

方々はそれらが見えず1度でも負けてしまえば使えない手法だとレッテルを貼ります

過去にお見せした一か月の勝敗結果でも約9割近い勝率の証拠を公開しました

当研究所がこうして各ロジックを販売している根底には当研究所のロジックを基に

ご自分に合った使い方に色々と試して改良していって欲しいのです

エントリー方法に死ねと書いてあるから死にましたと言われたとおりに死ぬ人が

いないように当研究所のロジックをそのままお使い頂くだけでなくそれを基に

アレンジしてゆきより完全なものに仕上げて欲しいのです

もちろん当研究所のマイクロダウ理論はそれだけでもいつでも誰でも同じ様に

機能する完全に普遍的な相場のメカニズムを説いたロジックです

もっと詳しい説明をお知りになりたい方は以下のバナーをクリックして

ご覧になって頂きたいと思います



簡単強力 ライントレード

(マイクロダウ理論記述) 単品価格 税込 ¥7,000円


このロジックはこちらからお買い求め頂けます



posted by テクニカル総合研究所 at 13:06| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

スキャルは逆張りで

20171111.png


今回はスキャルピングには逆張りが良いというお話をします

冒頭の画像は下降トレンドからのドテンで上昇に転じたトレンドの

一場面を図にしたものです

相場の世界では頭と尻尾はくれてやれなどといいましてトレンドの

頭から尻尾の全てを頂く様なカツカツのドテン逆張りはハナから諦めて

真ん中の順張りを安全に頂こうなんてことを良くいいます

画像で言えば赤丸のポイントからのエントリーではなく黄色のポイントから

黄色のポイントまでを取る様なことになってしまうこともしばしばです

スイングトレードの様な大きな時間足でそこそこの値幅を取る場合なら

それでもよいですが短い時間足でのスキャルピングでは下手してしまうと

スプレッド負けをしてしまうことも多々あります

ですので短い時間足でスキャルするなら断然逆張りが良く頭から尻尾までの

トレンドの全てを取れるようにエントリーきれば画像の最初の赤丸から天井の

青丸までの全てを利食いすることができます

ではそのカツカツの逆張りのタイミングはどうすれば分かるのか?

そこで活躍するのが当研究所が発見&開発して既に数百人が利用している

究極の反転のサインを小学生でも分かるくらい簡単に知ることができる

最新のロジックがこちらです↓

簡単強力 ライントレード

(マイクロダウ理論記述) 単品価格 税込 ¥7,000円


このロジックはこちらからお買い求め頂けます



このロジックを使えばどの通貨ペアでも、どの時間足でもいとも簡単に

ドテンのサインを知ることができます

このロジックはドテンのタイミングだけでなく立てたポジションの継続確認

簡単にもできるので利食いのタイミングも簡単に分かりチキン利食い防止

にも役立ちますのでおススメです

既に数百人のユーザーが使用しておりご好評頂いているこの逆張りロジックを

是非、もっと皆さんにもお使い頂きたいと思いここにご紹介します

現在の価格で入手できるのもあと僅かです


posted by テクニカル総合研究所 at 15:13| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

全ての反転をズバリと判定

20171015.png


季節はすっかり寒くなりだしました

気温は下がっても当ロジックのユーザーの方の利益は上がる一方では

ないかと思います

前回は最新のドル円30分足の全ての反転ポイントを当てている様子を

ご紹介しましたが今回は5分足での反転を当ててる画像を掲載します

これは最近のドル円5分足の反転の様子がよく分かるレンジブレイクの

一場面を切り取ったものではありますが他の全ての反転ポイントでもこの

運動メカニズムでトレンドは機能していることに間違いはありません

分かりやすく言えば全ての時間足での反転場所はこの運動メカニズムで

上下運動をしているということになります

これはどの通貨ペアでも全く変わることのないロジックなのです

更に言えばこのロジック無しに相場で勝ち続けることは難しいでしょう

自らこのロジックを発見&開発した手前味噌な話にはなりますがこれ以上の

トレンドの反転を正確に全て言い当てる方法を私は見たことがありません

相場がある限り半永久的に使える聖杯と言っても過言ではないロジックです

MT4に搭載されているアクセラレーターオシレーターというインジケーター

との相性が抜群でこのインジの30分足と15分足と5分足のヒストグラム

が全て同じ方向に点灯している時に当ロジックを使い5分足でエントリーすれば

数PIPS抜きのスキャルならば一か月間の勝率が100%だった実績も当ブログで

既に公開しています

数PIPS抜きと侮るなかれチリも積もれば山となりの利益を叩き出しております

そのロジックの名を私はマイクロダウ理論と命名しました

100年以上前から存在していて世界で最も有名なトレンドを知るためのロジック

なのに一般的には全く知られてない知られざる真実があるのです

聖杯探しにお疲れの方には是非ご覧頂きたいロジックです

それは小学生でも理解できるくらい超簡単なメカニズムだったのです

これさえあれば冒頭の画像の様なトレンドの反転をズバズバと判定できます

最後に言いますが全てのトレンドの反転のメカニズムはこのマイクロダウ理論

のロジックにより機能していると私は断定します



簡単強力 ライントレード

(マイクロダウ理論記述) 単品価格 税込 ¥7,000円


このロジックはこちらからお買い求め頂けます







posted by テクニカル総合研究所 at 17:49| 日記 | 更新情報をチェックする