2017年08月01日

相性はバツグン!

20170801dy15.png

画像は2017年8月1日 15時頃のドル円15分足

アクセラレーター・オシレーターを表示中

矢印の区間のトレードで利確ポイントを黄色の丸で表示してます




みなさん、こんにちは

毎日暑いですがナイストレードできているでしょうか?

今回は前回に引き続きアクセラレーター・オシレーターのお話です

名前が長いので以下、アクセラレーターとしますね

前回はこのアクセラレーターと当研究所のMD理論を併用するといいですよと

ご紹介しました

直接の関係性は全くないのですがMD理論とこのアクセラレーターは何故か

連動していることが多く(特に始まりの時)二重のフィルターとして大変役に

立つだけでなく特筆すべきは大きい時間足での利確のタイミングはこの

オシレーターの方が早く反応しますので長めの足が出た時の判定にかなり

重宝します

この二つの組合せのトレードで今のところ31連勝しています

あの藤井四段の記録もビックリな記録ですしまだまだ連勝記録は伸びそうです

因みに30分足と15分足の両方でダブルシグナルでの記録です

MD理論のユーザーの方は是非、お試しください

掛け方次第ではスグに億いきますね

私はこれでひと財産築くつもりでいます

正直、もうこれ以上の手法は要らないと思っているので新作を作ることも

しばらくはないのかなとも思ってます

あるにはあるのですがもうね、、、トレードした方が儲かりますし、笑

そんな事でこのブログに熱心に通って下さるユーザーの方も少なくはない

ので今後もユーザーアドバイスは継続してゆきます

まだまだこのMD理論は進化するかも知れないですしね

その他、また良い情報がありましたらお知らせ致します

それではまたです




これらのトレードを実現する方法を解説したものがこちら


簡単強力 ライントレード (MD理論) 単品価格 税込 ¥7,000円

これらのロジックはこちらからお買い求め頂けます








posted by テクニカル総合研究所 at 15:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

相場のエネルギーを知る


20170715dy.png


今回は相場のエネルギーを知る方法をご紹介します

当テクニカル総合研究所が発見&開発したトレンドの上げ下げの転換と

継続確認を簡単に知る事ができる ” MD理論 ” を記述した最新作の

『 簡単強力ライントレード 』では的確な逆張りのタイミングを知る

ことが可能なのですがポジションを保持したトレンドの継続確認中は

大きな時間足などでエントリーしている場合などでは長めの足を形成

してしまい押し戻した時などは決済すべきかどうか不安になることも

多々ありますよね

そんな時に活躍するのがMT4に標準で搭載されているアクセラレーター

オシレーターという指標が役に立ちます

この指標はビルウィリアムス博士という方が開発した指標で市場の

エネルギーを知るには最適な指標なのでお薦めです

MD理論での継続確認&反転のタイミング検知とこのオシレーターを

併用することでより正確なトレードが可能となります

特に押し目や戻しポイントでの切り捨ての判断で効果を発揮します

この指標をフィルターとすることで不安は解消されるでしょう

アクセラレーター・オシレーターはMT4のナビゲーター内にビル

ウィリアムスという項目があるのですぐに分かると思います

ユーザーの方は是非お試し下さい

因みにMD理論とは相場の最強理論であるダウ理論を◯◯化した

ロジックでマ◯◯◯ダウ理論という意味です

極めて簡単なロジックなのでご購入して頂ければすぐにご納得して

頂けるのではないかと思います




簡単強力 ライントレード

トレンドの発生サインから継続確認、更にはトレンドの終了のサインまでを簡単に知る事ができる方法

kanzenkaimei.png


これらのロジックはこちらからお買い求め頂けます






posted by テクニカル総合研究所 at 11:10| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

全ては大局の為に動く

20170625dy.png


今回は全ては大局の為に動くというお話をします

昔から時は金なりといいますが時計の針を例にすると分を示す小さい針は

60分経ちますと大きな針は次の時間を指しますね

それと同じ様に小さい時間足がどんなに上下しようが結果的にそれは大局の

為に動いているのであるということであり最終的には大きな時間足が次の価格を

指示します

そういう意味でも大きな時間足は勝ちやすいという定説も頷けます

全ては大局である大きな時間足の為に動いているということになります

言い換えればエリオット波動がフラクタル構造であるならば内包される

短い時間足の様に直ぐにトレンドが変化することはないので大きな時間足を

基準にスキャルピングをすればよいとも言えますね

スキャルピングで使う様な短い時間足はどうしても近眼になり易く損切りも

近眼目線になるので多くなります

当研究所がお勧めするトレードは大きな時間足でのトレンドフォローを

しつつ短い時間足で利食いのタイミングを取ることを推奨します

お勧めは30分足でのレジサポラインのブレイクアウト及びトレンドフォロー

からの15分足での利食いでも十分に勝てます

この場合は最終的にはスイングになりますがスキャルピングでトレードしたい

場合は利食いのタイミングは5分足でもいいですがある程度利が乗ってから

でないとチキン利食いになりますので上手く調整してみて下さい

参考トレードとして今回は15日に発生したレジスタンスラインのブレイク

アウトからの天井圏利食いで約100pips獲得でした

小局の積み重ねが大局を作るという考え方でも間違いではありませんが

時が逆転することはなく結果的には大局が全てだと言えるのではないでしょうか

是非お試し下さい



これらのトレードを実現する方法を解説したものがこちら


不動のプライスアクション

レジサポラインだけではない有効なポイントを知る方法


fudoujpg100.jpg


簡単強力 ライントレード

トレンドの発生サインから継続確認、更にはトレンドの終了のサインまでを簡単に知る事ができる方法

kanzenkaimei.png


これらのロジックはこちらからお買い求め頂けます





posted by テクニカル総合研究所 at 09:13| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

二つのロジックで勝つ

今回は不動のプライスアクションと簡単強力ライントレードを

使ったお勧めトレード方法をご紹介致します

既に両ロジックをお持ちの方にもトレードイメージとして見て

頂ければと思います

不動のプライスアクションのお勧めポイントで最新ロジックの

トレンド発生と収束、継続のサインを使ってトレードして頂く

感じのものとなります

今まで最新ロジックであるこのトレンド発生と収束、継続の方法の

正式名がありませんでしたので今回から改めてこのロジックのことを

『 MD理論 』と呼ぶことに致しました

Mは勘の良い方には直ぐに分かってしまうので言えませんがDはダウのDです

ですので◯◯◯◯ダウ理論ということになりますが略してMD理論とします

それでは今回はエントリーから利食いまでの流れを図にしてみましたので

参考にしてみて下さい

トレードのイメージとしてはこの様な感じになります

MD理論に照らし合わせて不動のプライスアクションでご紹介している

お勧めポイントで効率よくお稼ぎ頂けたらと思います

先ずは不動のプライスアクションにあるおすすめポイントに照らし合わせて

狙うポイントを決めます

次に手前でトレンドの発生のサインを知りつつラインブレイクを待ちます

setu1.png

次にそのトレンドがラインブレイク後も継続されていることと

目標のポイントをブレイクアウトした時点でMD理論に照らし合わせて

完全に継続サインが抜けているのを確認したらエントリーとなります

setu2.png

エントリー後はトレンドの継続を確認してポジションを保持しつつ

次の目標ポイントに到達したら利食いとなります

もしその手前でトレンドの終了サインが出てしまったらその時点で

エグジットとなります

あくまでもお好みですが次の目標ポイントを更にブレイクしても

トレンドの継続がされるようならばそのまま更に次の目標ポイントまで

利を伸ばすことも可能です

setu3.png

以上が不動のプライスアクションと簡単強力ライントレードを使った

お勧めトレード方法でした

この二つのロジックを組み合わせることで当研究所はより効率よく

利益を出せていますので是非皆さんにもお勧めしたいと思います


不動のプライスアクション

fudoujpg100.jpg


簡単強力 ライントレード

kanzenkaimei.png


これらのロジックはこちらからお買い求め頂けます





posted by テクニカル総合研究所 at 20:23| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

沢山のトレードチャンスを知る方法

rejisap.png

今回は通常のライントレード以外にも狙うポイントは沢山あるよ

というお話をしたいと思います

一般的なライントレードでは直近の高値や安値などの多くのトレーダーが

意識するレジスタンスラインやサポートラインをブレイクアウトした後の

強力なトレンドの発生を狙うものがあります

その様なポイント付近には沢山のストップ注文が入っているのでそれが

解放された場合のプライスアクションは強力だからだという理由があるからです

と、ここまでは前回お話しました

その様な場面ではそのレジサポラインをブレイクアウトするまでかなりの

時間を要することになりますし、その場面が形成されるまで長く待たないと

いけないのが難点でもあります

そんな時ついつい他の方法でトレードしてしまいポジポジ病になりがちな方は

少なくもないのではないでしょうか

そんな時に活躍するのが前々作でご紹介したこちらの作品が役に立ちます

その名も『 不動のプライスアクション 』です

fudoujpg100.jpg

こちらの作品は価格が1円上がろうが下がろうがいくらになろうが毎回同じ

ポイントに常に存在する多くの人に意識されたポイントをご紹介している作品です

ここには意識する対象に一般のトレーダー以外に機関投資家も入ってきますので

それが爆発した場合のプライスアクションもかなり強力です

しかも各1円の中に複数そのポイントは常に同じ場所に存在しており探すのに

苦労もなく通常の最高値や最安値のブレイクアウトを狙うライントレードよりも

トレードチャンスは格段と多くなります

そのトレード方法は最新作の『 簡単強力 ライントレード 』と全く同じです

簡単強力 ライントレード

kanzenkaimei.png


この二つのロジックがあれば他には何も必要がないと思ってます

初心者の方でも狙うポイントは簡単に見つかりますしエントリー&エグジット

も誰がやっても全く同じ判定なので迷いがありません

更にはどの通貨ペア どの時間足でも全く同じ要領でお使い頂けます

実際に当研究所が不動のプライスアクションと簡単強力ライントレードの

併用でかなりの利益を出せるのを確信したからこそ今回はご紹介しています

すでに両作品をお持ちの方は是非試しみて下さい

こちらの作品は下のバナーより入手できます






posted by テクニカル総合研究所 at 19:43| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

二つの時間足を見る

皆さん、こんにちは

クロス円などではこの週末にようやく大きく動きましたね

当研究所の最新ロジックをお使い頂いているユーザーの方などは

この週末はそこそこの値幅が取れたのではないでしょうか

ラインブレイクを待たずとも基本ロジックだけでもかなりの勝率を

上げれたのではないかと思います

今回はユーザーの方向けに小アドバイスをレクチャーしたいと思います

当研究所では複数のチャートで環境認識をすることを推奨していますが

あまり上手くできてない方に有効な方法をお知らせます

当研究所の最新ロジックで5分足などの短い時間足でトレードしている

場合などでトレンドが強く一方向に出ているのにも関わらず一旦終了の

サインが出てしまい利食いするとまた直ぐにリペイントしていくことが

結構ありますね

その様な場合の対処方法として5分足の他にもうひとつ上の時間足を見る

ことをお勧めしています

最低でも2つの時間を見てトレードすると早い利食いの防止に役立ちます

特に5分足などの短い時間足ではノイズに近い動きになるため5分足では

トレンド終了のサインが出ていても、ひとつ上の15分足などではまだ

反転のサインは出ていない場合が多々あります

この様な場面では一旦終了した5分足のトレンドも再度リペイントして

反転のサインを出してゆくことが多いです

5分足などの短い時間足ではどうしてもサイクルが早いのでノイズ的な

動きになりがちです

その様な場合にはこの方法を是非お勧め致します

早い利食いで悔しい思いをしている方は是非お試し下さい


15-5.png

興味のある方はバナーをクリックして詳細をご確認ください

※テクニカル総合研究所の最新作

簡単強力 ライントレード 価格7,000円





posted by テクニカル総合研究所 at 09:39| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

最も強力な発射台とは

最も強力なトレンドの発生場所の一つに最高値や最安値のレジスタンス

ラインやサポートラインを突破した後のプライスアクションでしょう

この付近には沢山のストップロスが入っているのでそれらが解放された

時のエネルギーはかなり大きいものとなります

テクニカル総合研究所の最新作の『 簡単強力 ライントレード』はこの

最も強力な発射台にターゲットを絞って自慢のトレンドの発生と収束が

簡単に分かるロジックを利用してより確実に利益をあげようとするものです

ただ、この強力なレジサポライン突破も稀にダマシがあるのも事実です

しかし当テクニカル総合研究所の最新作ではこのダマシの回避ができます

誰が行っても明確なプライスアクションのサインを知ることができるので

万が一ダマシにあってもダマシが発生した時点でそれが分かるので損失は

最小限の微量で済むのです

当然それがダマシではなく本物のトレンドであればそれも分かるのでそのまま

ポジションを保持すればいいのです

しかも立てたポジションの継続確認も簡単にできるのでチキン利食いの

防止にも役立ち発生したトレンドの全てを余すところなく利食いできます

更にはどの時間足、どの通貨ペアでも全く同じ要領でお使い頂けます

その他、この基本ロジックはトレンドの発生と収束や継続のサインが誰でも

簡単明確に分かるのがウリですので普段お使いのトレードルールに応用が

可能かと思いますのでこの基本ロジックだけでもかなりの価値はあるかと

思います

画像は最新の成功例でポンド円の5分足ですがこの様にレジサポラインを

突破した後のプライスアクションと独自のサインで楽に約40pipsを獲得です


20170428.png


興味のある方はバナーをクリックして詳細をご確認ください

※テクニカル総合研究所の最新作

簡単強力 ライントレード 価格7,000円






posted by テクニカル総合研究所 at 08:42| 日記 | 更新情報をチェックする